ネットde便利屋・代行屋 サポート倶楽部 【便利屋☆全国対応】 

履歴書作成代行

 履歴(職務経歴)書作成代行

企業への求人応募に、なかなか書類選考自体が通らない
マニュアルや教材を読んで書いてみたが、どこが悪くて選考にかからないのかが分らない


履歴書作成代行


「書類選考にすらかからないんじゃ、就職なんて無理だよ。もう諦めるしかないかな」

 はい! その履歴書(職務経歴書)サポート倶楽部が作ります!



今から20年昔は、履歴書(職務経歴書)を企業に送り、それが真面目に丁寧に書かれていれば
まず面接までは簡単に通過できた時代でした。
面接も、ハキハキした態度で自信を持って常識的に対応することで、ほとんどの人が採用と
なるような黄金就職時代だったわけですし、
企業も明るくて、まじめで責任感があるような方を第一に求めてた時代です。

しかし現代は企業もインターネットを利用するようになりました。
幅広い範囲で求人活動ができるようになり、雇用情勢悪化も手伝って、「一般事務職」など
の汎用職には何百人もの応募がある時代になっているのです。

そんな数十~数百倍もの求人倍率の網の目をくぐって面接にまで選考されるためには、
生半可な書類の書き方では、企業もまさかそれだけの人数を全員面接するわけはありません。

特にネット求人(リクナビやenなど)での募集の場合、できるだけ優秀な人材を採用するために
企業も多額の費用を掛けて、自社の望むような優れた社員を雇う努力を行っています。

しかし、それに応募する立場のあなたには、そんな求人媒体で絶対に使ってはならない禁句が
存在したり、何気ない自己PRの一言に不採用対象者の文言を含んでいたりなどの暗黙のルール
なるものも存在している事を知らされないのです。

採用される立場の者には、そんな禁止ワードなど微塵も知る術はありません。知らない
ために、不採用がずっと続く…なんて事も理不尽ですが世の中には実際あるのです。

履歴書代行

基本的に、履歴書や職務経歴書は自分で作る
ものです。それが常識です。

自分で作るからこそ、自分自身をPRしきれず
に選考に通らないという現実が面接にすら
行けなくなる、大きな原因のひとつかも知れ
ません。

「真面目にちゃんと書いているのに」という
履歴書(職務経歴書)も、何度も何度も落とさ
れてしまう日々を繰り返していると、いずれ
「もう自分にはムリなんだろうな」という諦め
ムードを植え付けてしまい、余計だんだん
就職がおっくうになっていってしまう。

これこそが現代人の「就職意欲をなくしていくスパイラル」のきっかけになっているはずです。
人は(高等動物もですが)何度試しても失敗に終わる特定の経験を繰り返す事で、脳裏にその
結果を「これをやっても上手くいかないもの」という学習結果として経験に入力してしまいます。
この失敗を繰り返すことで「やっても無駄だ」と学習する現象を、心理学用語で学習性無力感
呼びます。

しかし、先輩や年配の人に相談しても、
「そんなことはない、真面目に意欲を伝えればきっと人事担当者は採用してくれる、書き方が悪い」
というアドバイスにもならないアドバイスをくれて終わり。
…という結果になってしまうだけなのではないでしょうか。

それもそのはず。先輩は「何度も失敗した経験まではない」人でしょうし、年配者は景気の良い
時代に就職しているのでそんな苦労は経験しておらず、現状が理解できていないだけなのです。

履歴書代行

「通すプロ」が作った履歴書(職務経歴書)は、
まさに面接に行くまでの最短チケットになる
のです。

せっかく、自分の希望する仕事の募集を見つ
けても、書類選考で落とされる事になって
しまっては何のやりがいもありません。

そして企業から、「今回は残念ながら」という
文言と返却された履歴書(経歴書)だけが虚しく
目に移り、その就活に費やした時間も費用も
すべてが失われたまま、また一から出直し。


正直、このようなプロセスを何度も繰り返す事は、個人にとっても経済的な意味でも損失です。

労働者の立場だけが不利な状況に置かれているこの時代であるなら、戦略的な手を打った者
だけが書類選考を次々に突破して面接にこぎ着けられるという手段も、時間や経済的損失を
防ぐ意味として、今や重要なファクターなのではないでしょうか。



 「通すための」職務経歴書で高らかに面接へ進みましょう!


職務経歴書

・インパクトの強い、体裁のいい経歴書コーディネートへ

・退職理由 本音→御社を選ぶ理由へと変貌

・実務能力 内容をヒアリング→整理して戦力PRへ

・転職回数 現実→ポイント化させ問題視させない

・職歴浮遊 今回転職のための理想化へと表現

・採用確率 求人企業の理想像へ近づける表現

・自己PR 効果的で採用したくなる表現へ

・志望動機 職歴を総合的にそこへと合流

・面接指南 書類選考が通れば、面接対策指南


企業は、これだけの厳しい選考を通過して面接
へと進んできたあなたに、もう相当興味津々の
状態になっているはずです。

人事担当者は、「消費者が商品を買う前の心情」に
かなり近い状態になっている、と考えましょう。作成した経歴書から、あなた自身がその内容
を頭に描き、今回面接を受けに行くためのシナリオさえ作っておけばまず大丈夫なはずです。

自分で職務経歴書を書く場合、ほとんどの人がその職歴を「書き綴る」だけになっている事が
この作戦の一番の攻めどころ。あなたの他人である我々がその仕事を代行するからこそ、
「あなたの売り込み」を遠慮なく綺麗に書類にまとめ上げられるのです。

ほとんどの方は、「そんな大げさな事自分で書くなんて恥ずかしい」
「あんまり誇大なPRをしたんじゃ入社してから裏目になるんじゃないか」
など心配事が先に立ってしまって、つい遠慮がちな記載をしてしまうはずです。

書類選考では、そんな事など問題じゃないのです。まずは「通る事」「面接に進む事」が最重要課題
なのですから、面接に進んだ時の最後に、要求事項やどうしてもお願いしたい事などを述べれば
いいという事です。

職務経歴書を作成するために、基本的にメールや電話で情報を頂き、交換しながら作成します。

まずは無料フォームで、お気軽にご相談ください。

※面接に際しましては、有料就活相談を是非ご検討・ご活用下さい。



 作成のポイント

・経歴を明確に表現
 最終卒業から現在までの流れを、まとめて、明確に、しっかり表現いたします。

・退職理由をプラスなイメージに表現
 ポジティブな退職理由の表現に変えて、好印象を与えます。

・すべての経験を無駄にせず、キャリア材料とし有効活用
 アルバイト情報も派遣業務も利用し、スキルアップ情報として活用します。

・職務空白期間理由づくり
 これまでの経歴から、最大限職務空白期間については悪影響がないような表現にします。

・応募先企業の理想人物像を推測しマッチさせる表現
 募集情報や会社の公開情報などから理想の人物像を想定、その適性に合う人に仕立てます。

・カラー版でインパクトを付け、是非会ってみたいイメージを持たせる
 職務経歴書は実は自由書式なのです。デザインマッチカラーに統一し、PR感を強調します。

・人事目線からの立場に立ち作成します
 雇用される側に不利益となる表記をチェックし、最初から改善致します。

電話でのヒアリングは原則として必要ありません。
ポイントを確認する為の数回のメールのやり取りで作成できます。
就職活動における疑問点やキャリアについての相談も同時にお受けいたします。



 提供情報をもとに、綺麗な手書きの履歴書を作ります


作成した「添え状」の例
※現代の履歴書とは、履歴書を見てもらえる【以前】のPRがとても重要なのです!

以下のグラフは、任意数十社の企業の人事(人材採用)担当者へのアンケート結果です。

履歴書代行

これを見てわかるとおり、現在の日本企業では圧倒的に採用の基準を
「自己PR能力」「志望動機」に的を絞っていることが伺えます。次いで、免許・資格といった
業務能力が、企業の採用したい人物像のほぼ大半という結果になっているのです。

この事から、近年の人材採用基準では学歴は二の次で、
「どれほど当社の社員としてPRに役立つか、なぜ当社なのか、具体的に何ができるのか」という
事を求めているのが、間接的にわかります。

つまり、自社社員として相応しい新入社員像に「積極性・その仕事にこだわる精神力・能力」
三つが候補として大きく上がっていることの証明にもなるわけです。

さて、
この段階ではあくまでも「履歴書」という最初の書類選考のレベルです。
本格的な採用の成否はその次の段階、面接で判定されるわけですが、とにもかくにも今何が
最も重要であるかの問題は、この書類選考である履歴書が企業人事の目を通過することもなく
会うまでもなく不採用と決められてスルーされてしまうという事です。

ここで「実際自分の字は汚いし整ってないし、代筆なんかしたら面接でバレちゃうよ」と考える
としたら、その他大勢の書類選考に落とされ続ける他の人たちと同じ立場を維持する事に
なってしまいます。

元々、企業採用面接なんてものは「やれるだけやって、言えるだけ言って、当たって砕けろ」の
世界なのです。

その当たる「前の」段階で書類が落ちていては、当たることすらもできないというわけなのです。
面接前から、あまり細かいことを気にしすぎていては門を開くことすらも叶わないのです。

まず入社したいのであれば、入社するためだけの努力に全力を傾けるべきですから、選考が通る
確率の高い履歴書を作ること。
アンフェアだろうが、ずるかろうが、本心ではなかろうが、そんな事よりも書類が通過しな
ければ、モノも言う機会すら与えられないのが現実なのですから、背に腹は代えられません。

 作成のポイント



選考が通る確率の高い履歴書、とはどんなものでしょうか。
以下のサンプルは、いかに手書きでも悪い例です。

履歴書作成

例えば、簡単に要点だけでも添削しますが、ほとんどの人事担当はこう思います。
 1. とりあえずスーツくらい着てください
 2. 字が乱雑なのは仕方ないとしても丁寧に書く意識が見られない(がさつだ)
 3. 作成日の「月」「日」を省略している(丁寧さがない)
 4. 住所のふりがながない(雑な性格だなあ)
 5. 学歴・職歴の年号数字が漢数字だったりアラビアだったり(こだわりがない)
 6. 学歴欄を平気ではみ出している(やっぱり雑な性格と確信)
 7. 資格の正式名称も書けてない、さらに取得年月日もない(本当に取ったの?)
 8. 志望動機が適当すぎ(何をどう感じているのか意味不明、適当だな、しかもタメ口か)
 9. 本人希望欄(はいはい、もうさっさとよそ行ってください)

ということで、何より先に感じる事は「28にもなって…」という思いで、気の短い人事担当なら
きっと3.を見る前くらいに返却BOXに直行するはずの履歴書です。



いかがでしょうか?この悪い見本を見て、「えっ何が悪いの?」と本気で思われたなら、きっと
あなたも永久に書類選考を通過しません。

実際、仕事は真面目に丁寧迅速にする人なのかも知れないし、こんな書類一つで判断しないで
欲しい、なんていくら言ったところで、それが雇う側の一方的に決められるルールなんです
から、それは仕方ありません。 履歴書一つ満足に書けないと、人間性を見る機会すらも与え
られないという環境が現実なのです。




こちらが(せめて少なくとも)年齢、性別、新卒・転職にかかわらず最低限必要な記載例です。

履歴書代行

こういった、項目別にひとつひとつ、丁寧に記載していくだけの方法なら半数以上の人が
できるマナーでもありますし、企業としてはこれができて初めて「常識的な人だ」と見てくれ
る事になるのです。

しかし、今ではそれだけでもまだダメなのです、「目立って魅力的な要素」がないと選考通過に
までは至らない可能性が高いということです。

現在では、何社も掛け持ちで求人応募をするのが当然ですから、PC等を使って綺麗に印刷
する履歴書もかなり多いと思います。

履歴書代行



…が、
そんな時代に「あえて」手書きで、「あえて(1社でも職歴があれば)」職務経歴書を付けて、そして
「あえて」人事担当者が「これは是非よく見てみたい」という封書内容に作って送るという気遣い
を考えて、その気持ちを添えるだけで、あなたの履歴書は数十倍魅力的なものに様変わりする
はずです。

そこまでやって、先方の企業から「是非面接を」とお誘いがあったら、意気揚々と面接会場へ
向かうあなたは、きっと他の応募者よりも数倍期待感に満ちた気持ちで優位に面接を受ける
ことができるはず、と確信しています。


就職や就労条件を向上させるために必要な投資としては、資格取得や啓発セミナーの参加ですが
書類を通し、面接をより多く受ける可能性を上げる事に対しては、こういった書類選考への投資
を是非ご検討されては如何でしょうか。



※現在、履歴書代行だけでなく、就活サポートを
寄り添って支援するサービスもございます。
トータルバランスで転職・就活を成功させたい方は
↓ ↓ ↓



まずは無料フォームでお気軽にご連絡ください。

※面接に際しましては、有料就活相談を是非ご検討・ご活用下さい。




業務として知り得たお客様の個人情報、並びに就業に関するご相談内容や特定の会社情報等は
お客様の秘密事項です。サポート倶楽部は、「お客様の秘密保持を最優先事項」といたします。
業務上知り得たお客様の秘密事項は、決して外部へ漏えいしないように厳重に管理致します。

必要な仕事を、必要な方へ、常にお客様のお気持ちに立って提供いたします。



 ご利用料金(消費税込み)

※作成期間は履歴書3~7日、経歴書で7~14日間程度お待ちいただきます。

履歴書作成代行   手書き1枚当り    ¥4,800.-
職務経歴書作成代行 データ又は紙ベース ¥29,800.-
・履歴+経歴書作成  履歴書は手書き   ¥32,800.-
退職届作成代行     退職届は手書き  ¥4,800.-
退職届業務代行・コンサル・実務代行    応相談

※いずれも書類選考通過優先のための必要情報をメール等で交換します。
※経歴書のお渡しは紙ベースかデータベースかをお選びいただけます。
※選考通過の際は面接での返答項目アドバイス付き。心配事も遠慮なくご相談下さい。





powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional