ネットde便利屋・代行屋 サポート倶楽部 【便利屋☆全国対応】 

婚活相談

 有料婚活相談

少子高齢化、労働者年収200万円時代到来、歯止めの掛からない若年層低所得経済
現代の若い男性世代の、薄れゆく結婚願望の実態とは?
現状を知り、その対策も知る事で婚活の糸口は見えてきます。

有料''婚活相談''

「就職して、働いて、気が付けばもうこんな歳…急に焦りが…」
「知り合う男性は、仕事関係ばかり。そろそろ、本気で婚活しなきゃ…」

 結婚「しない・できない」時代に…それでも「新婚組」はいるのです



かつて「結婚適齢期」なんて言葉がありました。今やそれは死語ですが、バブル経済期の時代
を経て、今なぜ結婚を敬遠する時代になっているのか?を冷静に分析してみましょう。

結婚グラフ

上のグラフは、厚生労働省が発表した過去90年の男女別未婚率(長期統計)の実態グラフです。
この統計から、1940~1955年代の「団塊の世代」で20代の若者男性世代の未婚率が3割未満に
なっている事がわかりますが、それから経済成長期を経てバブル絶頂期、そしてまた平成
大不況時代の現代まで、どの世代も同じく一直線に、右肩上がりの未婚率上昇となっている
こともわかります。

最も現在時点に近い2010年度の「未婚率」では、25~29歳までの男性で約71%、女性で約60%
が未婚の状態である、という結果になっております。

これをふまえると、20代の若い男性世代の年収が300万円代から200万円代へと減少して推移
しながら、20代低所得者層の人口が急増している統計と、ほぼ一致する内容となっています。

男性への結婚に関するアンケートでは「将来や経済性に不安」とやはり7割近くの人が回答して
いる事を受け、この事から「20代男性の7割以上が結婚を望んでいない」という生活スタイル
に甘んじていることが浮き彫りとなっています。

しかし、裏を返せば「男性は将来的な自己経済力の基盤の構築さえできれば、結婚に対して
肯定的になる」考え方を持っているともいえます。

現実問題として、女性の場合は出産と育児という人の根源があるため、できるだけ若い
うちに結婚に対して積極的に行動したいと考えるのは、昔も今も同じ心情ではないでしょうか。

そこで、「若い男性世代が結婚する気がないから、結局できない」と締めくくってしまっては
何も解決しないまま話が終わってしまいますので、その実情を踏まえたうえで具体的に何を
どう進めていけば良いかを考えてみたいと思います。



 多数に結婚する気がないなら、する気のある人と知り合える行動を


婚活

就活も、婚活もその行動の根底は同じです。
「自らが動かなければ自然に機会は訪れない」
のです。

では「動く」とはどういうことかとなりますが
それは結婚する気のある相手を自ら探す事に
他なりません。

毎日、自宅と職場とを往復し仕事するだけ
の日々を送っている限りでは、運命の人が
自然に現れる…なんて事はまずありません。

そのままの現状を何年繰り返していても、
「出会いがないから」とつぶやくだけの毎日
しか訪れないのが当然なのです。

同じ会社や取引先の相手同士に限った付合い
をいくら重ねても、ある日突然の出会いが
訪れるのはドラマの世界の話でしかないの
です。
日々の生活半径だけでそれを得ようとすると
統計に表れている通り、7割以上の「結婚したくない」男性としか知り合えないという結果になる
ことが数値で証明されている通り、明白なのです。

社会人になると、1年間という時間は流れが非常に早いです。
そのうち…と言ってるうちに、もう1年が過ぎ去ります。
思い立った時、知った時にすぐ動かなければ、その時間は後では取り戻せなくなるものです。

では、動くと決めたとき、何を考えてどう動けばいいのか、その一例をご紹介いたします。



 情報化社会を利用して、無駄な時間を費やさず正確な情報を得ましょう



たとえば、ある日社内の独身サークルで「合コン」が開催されるとします。
ほとんどの方々は、「合コン=婚活」と連携して考えますから、その社内合コンへ参加すること
が近道になる、と思ってしまうことでしょう。

しかし、あなたはサポート倶楽部のこのページをご覧になって読んで下さいました。
これであなたは、その合コンに参加しても独身20代男性10人のうち7人が結婚する意志がない
かも知れない、という事を知ったわけです。

つまり、統計がそのまま反映されるなら、男女10対10でその合コンが盛り上がって成功したと
します。ここから生まれたわずか3組のカップルがゴールインする、という確率と同じなのです。

婚活相談

合コンで知り合って、そこからお付き
合いを始めたとしても、経済的な理由
や将来の不安から、数年後に結局プロ
ポーズ…にまでは至らなかったという
結果に終わる確率が7割にものぼる、

ということが統計から読み取れるという
わけなのです。

男性が初めから結婚の意思が弱い場合、
結婚を思い切るためには相当な覚悟と
奇跡的な経済環境改善がなされない
限り、いつまでも躊躇し続けてしまう
ものです。 女性の立場では長期間待たされる事自体がリスクになりえますから、早くはっきり
させて欲しいという気持ちが年々高まっていきます。

そこで、いよいよ白黒をつけたい女性が結婚する意志の弱い彼氏にプロポーズを迫り、気持ちの
挫けた男性が別れ話を切り出す、というシナリオが現代では非常に多いのです。

さて、この場合は女性の「失われた数年間」を取り戻す事は、もうできません。
女性は、さらに気持ちが焦るか、気持ちをリフレッシュさせてまた次の合コンへ…という繰り
返しになるかではないでしょうか。

もちろん、人生においては様々な個々のドラマや奇跡的な出会いもあります。
上記の例では、決してほぼそうなるという確信を抱いたものではありませんが、統計的な確率
から判断すれば、そういうケースが理論上多数を占めているのではないか、という推測に
なるわけです。

こういった、統計結果を前提に考えることが確率的に有利・不利を事前に判断する材料となり
ますし、時間を費やさずに効率的に正確な情報を得るということが確実な結婚意志を持つ男性
会員ばかりを集めた情報企業を利用する、ということになるわけです。


人生において運命の出会い、奇跡の出会いというものは、確かに度々あります。
しかし、現代においては、出会うだけでは結婚にまで到達するためのハードルがあまりにも
高すぎる時代になってしまいました。

また若い世代はガムシャラに仕事一筋に、仕事のために生きるという考え方もあまりなく、
個人個人の余暇と価値観を重視し大切にする風紀でもあります。

そういう世代において、やはり結婚する幸せを目的とし、成功したいならば「専業」の情報を
利用する事を強くお勧めいたします。

ちなみにですが…
ここで肝心な事は、7割の結婚意志を持たない若い男性世代に、結婚願望を植え付けようと
しても、それは女性都合での目線からの願望に過ぎないだけなので、かなり達成困難な問題
になってしまいますし、その思惑を男性に感じ取られた途端に引かれ敬遠される確率が高く
なりますから、それは考えないほうが良いかも知れないという事です。

かつてのバブル・ジュリアナ時代を生きた女性達が、結婚=生涯不労所得Getという、女性と
しても最も輝くことができ、楽ができた時代でもありましたが、現在そんな考え方で婚活に
臨んでしまう事は、仮に結婚はできても離婚確率を最高潮にするだけなのでできるだけ
フィフティ・フィティな人生を共に歩むようにお互いで自重し合いましょう。

おひとりで悩むより先に、まずは気軽に是非ご相談をされてみてください。








powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional